Q.
投票できません
票 ( %)
  • 危険だからしないほうが良い
  • 私はしないが、出来る人はやっても良い
  • 私は実践しているが、一般には勧めない
  • 私も実践しているので、全ての人に勧めたい
  • 自動車業界が左足ブレーキを標準化すべき
  • 答えは追加できません

24
コメント

  • タグの書き込みはできません
  • コメントの修正、削除には必ずパスワードが必要ですので必ず保管してください。
はっきり言って、レースシーン以外で左足ブレーキはやめたほうがいいでしょう。そもそも、アクセルの上に常に足がある状態は極めて危険です。車の基本的な運転は、アクセルOFFしたら足はブレーキペダルの上に置くのが基本です。というか、普通ですね。よく駐車場でアクセルとブレーキを踏み間違えたなどと言うのを見ますが、駐車はクリープ現象を使いませんか?クリープを使っていれば、常に足はブレーキペダルの上ですよね?発進のときだってクリープ発進なわけですから、やっぱり足はブレーキペダルの上です。これが、左足ブレーキの場合はアクセル上にも足があるんですよね?こっちの方が危険です。よく、レーサーも左足ブレーキを使うだとか言う人がいますけど、レーサーが使う左足ブレーキは、コーナリング中にエンジンの回転数を落す事なく、アンダーステアを殺し、リアの荷重を抜くために使われます。つまり、アクセル踏みっぱなしでのブレーキを踏むために使われる技術です。勘違いしない方がいいと思います。車の構造でも、右にアクセルとブレーキがオフセットされているわけですから、左足ブレーキは無理な体制をとって、わざわざ危険な事をしてることになりますから。
なので、左足ブレーキはやめてくださいね。
長々失礼しました
私は、免許取得時の家の車がATであり、父の勧めもあって左足ブレーキにしていました。ある日、友人のMT車を運転した時に、T字路にTの字の右側から差し掛かり(自車から見て直進と左折がある交差点に進入し)、左折しようとして軽く減速しようと左足でブレーキを踏んだつもりがクラッチを踏んで惰走し、何が起こったのがわからずに左に急ハンドルを切って、左から来ていた車の横ぎりぎりをかすめてからようやく我に返って、右足でブレーキを踏んで停止しました。あと5キロスピードが出ていたら衝突していたと思います。この体験をしてから、私はAT車でも必ず右足ブレーキにしています。AT免許で一生AT車しか運転しないつもりの人ならともかく、それ以外の人には、私は左足ブレーキはお勧めできません。
加速と減速という、相反する機能については、排他操作が大原則です。
両方を同時に操作しない、ということです。ですから、ブレーキは
右足での踏み換えが基本なのです。自動車メーカーも、これに基づいて
設計しています。
また、急ブレーキが必要な場面で、左足でブレーキを踏んでいると
体が前に投げ出されるのを足で踏ん張ることが出来ません。従って
ある程度ハンドルを持つ手にゆだねることになるのです。それでは
ハンドル操作の妨げになり、大変危険です。多くの場合、最後の最後に
危険を回避するのはハンドルなのです。そのため、今のほとんどの車に
ABSが付いているのです。
自分の車はMTですが、会社の車や実家の車がATです。MTではもちろん左ブレーキは使いませんが、ATでは右ブレーキは使いません。踏み間違い云々ではなく、ATでの左ブレーキは慣れれば楽です。
私も急ブレーキ時に右足がアクセル全開にしてしまわないか、操作が不安でしたが、一度遭遇した急ブレーキ時には両方の足でブレーキを踏んでいました。やはり右足でブレーキを踏むというのは体に染みついた行動なのでしょうか。
左ブレーキを安全な状況で試してみて、難しいと思うようでしたらやめた方がいいと思います。その練習をどれくらい試して難しいと思うかは、その人の判断によるところです。
私個人としては左ブレーキはとてもいいものだと思いますが、万人に勧められるかと言われれば、答えはNOです。
私は、勾配のある駐車場でクリープで進まないため、アクセルを踏みながら駐車位置まで進み、いつものクリープで進んで停止する要領(右足をブレーキペダルの上に置いてスピードを調整し停止時に踏み込む)で右足を踏み込み(右足がアクセルの上にあるため)壁に激突しました。それ以降必ず左足でブレーキを踏むようにしています。ブレーキとアクセルを同時に踏んでもブレーキが優先されるように「ブレーキ・オーバーライド・システム」を全車で採用し、また左足でしかブレーキを踏めないように、ブレーキペダルの位置を左に寄せるべきです。
安全性の面で左足ブレーキは圧倒的に優れています。
荷重移動がスムーズになるので車の安定性が段違いです。

しかし、右足ブレーキに慣れた人が左足ブレーキに変更する場合は心配です。体に染みついた動作というものはなかなか抜けません。 とっさの場合、事故に繋がる場合も考えられます。

ですから教習所で最初から左足ブレーキを教えるべきだと思います。
続き

クリープで進んでいるときとかに、右足がブレーキの上にあるのかアクセルの上にあるのかわからなくなるという話がありますが、それ自体が危険な乗り方ですね。

ブレーキを踏まないときは必ずあしはアクセルペダルに触れるようにして置きましょう。これも訓練ですよ。
最初に私の意見ですが、左足ブレーキ推奨です。但し、きちんと訓練をしないならやめたほうがいいと思います。事故を左足ブレーキのせいにしてしまいますから...

さて、いろいろ反論です。

反射神経の鈍い高齢者が左足ブレーキ操作をする人が圧倒的多数と言っている方、出展を明確にしてください。それがあいまいだとデマと一緒です。
私には高齢者が左足ブレーキ派多数ということ自体信じられません。

左足ブレーキだとブレーキランプを不要に点けてしまうと言う意見に対しては、それも足の置き方が悪いということです。普段は左足はフットレストに置くべきです。いざブレーキを踏もうという
準備時間に足をペダルの上に移動させるのが正しいですね。訓練しましょう。

左足は感覚が鈍いからという意見に対しては、左利きの人はアクセル操作が危険ということでしょうか?

パニック時は両足を突っ張ってしまうから・・・
→右足でアクセルだけを踏んでいるより、左右の足でブレーキとアクセルを踏んでいるほうが安全じゃありませんか?
特にこれからの車は、そのような時アクセル操作をキャンセルさせる機構がついてきますよ。

MTに乗り換えるとき操作が違って危険じゃないか・・・
→MTと乗り換えることなんてそもそもありますか?
ATで左足ブレーキが99.9%、MTを運転するのが残りじゃないんですか。そんな時は緊張しているはずなので、逆に間違えづらいと思いますよ。
それよりも、普段からMT・ATを乗り分けている人は踏み間違えを起こす様な訓練レベルじゃないでしょう。

以上、ご意見いかがですか?
オートマ車暴走事故を起こした人が口をそろえて言うのは、「ブレーキを踏んだけど全然止まらなかった」という証言です。そのことから分かるように、当の本人としてはブレーキを踏んだつもりでいても、とっさの時は自分の足がブレーキの上なのかアクセルの上にあるのか分からなくなるということです。つまり、普段左足でブレーキを踏む人でも、あわてたときには混乱して右足を踏み込んでしまうことがあるということです。
警察庁の統計によると、踏み間違え事故は反射神経の鈍い高齢者に多く、左足でブレーキ操作をする人が圧倒的多数を占めていたとのことです。また、つま先がブレーキペダルに少しでも触れると、ブレーキ灯が点滅して、後続車を惑わすので事故を誘発しかねません。左足ブレーキは断固反対です。
自分の車はMT車で、右足ブレーキですが。AT車を運転するときは、左足ブレーキです。
20年以上やってます。

カテゴリーがなかったので一般には勧めないを選びましたが、興味がある人にはむしろ勧めます。




元々は、AT車はエンジンブレーキが効かないので、アクセルを放したらまるで加速しているような感覚が嫌で始めました。

左足ブレーキの感覚は、渋滞で練習します。高速道路の数十キロの渋滞なんて最高ですね。
数時間渋滞に巻き込まれれば充分感覚は身に付きます。


近年高齢ドライバーによるアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が増えていますが、右足で両方を操作するから間違えると言えます。


同時に踏んだら危険という人も居ますが、アクセルとブレーキを同時に踏んだら、必ずブレーキが勝ちます。
ブレーキ効率は落ちるかも知れませんが、加速はしません。

パニック時に思い切り踏み込むのが問題と言いますが、それは右足ブレーキでも同じ事。だからこそABSが必要なのです。


慣れれば問題はないと断言できますし、海外では実際に左足ブレーキを教えている国も有ります。



カートに乗ってた頃、友人のAT車をたまに運転した時なんかは左足でブレーキを踏んでしまってましたね。左足が利き足じゃない方の場合は、利き足ほど器用じゃないんで安全性といった観点からは大丈夫かな?とは思います。感覚も利き足とは全然違いますし。
私自身、普段はMT車を使用、たまに妻や母親のAT車を使っています。AT車はもちろん左足ブレーキです。
基本的に、クリープ現象が嫌いで信号待ちでもニュートラにしています。
は、さておいて、先日からの、踏み間違え(らしい)による事故においてもですが、我々雪国に住んでいるものにとっては、雪道でのスタックの際、前後の揺さぶりでかんたんに脱出できるものができない方を多々見ることができます。
右足ブレーキだと揺さぶって山の頂点で止めようにも、アクセルからブレーキに移動しようとしても谷に落ちていることが多く、左足だと山の頂点で止めることができ反動をつけることができ脱出できます。
雪道などの特殊なケースだとは思いますが、駐車の際などにおいても普段から使用する左足ブレーキは、個人的には便利さこの上ありません。しかし、ご年配の方やある程度の運転歴のある方にはおすすめできないようにも思えます。
理由は、さんざん述べられておりますが、考えて乗っているうちはダメだということ。ではないでしょうか?
これについては、今後免許を取ろうとする方が、教習所で選択することとして若年層から教育するのがベターだと思われます。
左足ブレーキを実践されている方はそれで良いと思いますが、安易に左足ブレーキを他人に勧める事は止めてください。右足ブレーキに慣れた人がそれを見て左足ブレーキを実行し、万一事故が起きても責任をとれないでしょう?せめて「リスクもあるから自己責任で」ぐらいは付記すべきです。
他人に左足ブレーキを無理強いするのは愚の骨頂です。
左足ブレーキ歴30年です。徳大寺なにがし氏の本で海外は左足がほとんどである云々を読んでからです。
今、車種によっては左足ブレーキが使いにくいのが多く、乗換に不便を感じています。
私は便利だから当たり前のようにしているが、
出来る人と出来ない人がいるし、もし事故を起こした時に責任は取れないので、勧めません。
私は20年近く、AT車では左足ブレーキです。自分の車は20年以上MT車のみですが使い分けの問題はありません。

AT車に乗り始めた頃は右足ブレーキでしたが、セレクタレバー操作直後の踏み換え時、クリーピング現象が怖いのですぐに左足でブレーキペダルを踏むようになりました。

低速取り回し時の車体保持は左足、走行中のブレーキング操作は右足というやり方で2~3年ほど続けていました。

これはマニュアル車でのクラッチ操作の感覚に近いので慣れやすく、MT車へ乗り換えたときでも問題はありません。

走行中のブレーキ操作でも左足が使えるようになるには訓練が必要です。
私の場合、巡航走行中でのスピードコントロールから左足を使い始め、慣れてきてから、完全停車時にも使うようにと段階的に練習しました。

私の場合のパニックブレーキは、ブレーキペダルの上の左足を更に右足でも踏んでいました。
痛ぇ!
クイック操作には左ブレーキが有利ですね。微妙な踏み加減も慣れれば当たり前にできますし。
ガキの頃に乗ってたゴーカートも左ブレーキだし
マニュアル車に載ると、勝手に体が反応してダブルクラッチ&ヒールアンドトゥやっちゃっているので、マニュアル車が乗れなくなるような問題もなさそうです。
ちなみに、パニックブレーキの時は右足がブレーキ踏んでいます。
絶対左足ブレーキ派です!!
教習所で教えないのが不思議なくらいです。少なくともAT限定の人には左足ブレーキを基本として教えるべきです。メリットはいっぱいあります。
私は家族全員(5人)にも勧めました。ただ1人だけ「右足の置き場がない、絶えずアクセルに足が乗った状態になる、左でのブレーキコントロールが難しい・・・」などと言って変えようとはしません。慣れもあるし、器用不器用もあります。
でも車の運転にはある程度の器用さが要りますから左ブレーキのできない人には運転免許を与えるべきではない!と思います。
左足ブレーキを警察も教習所ももっと推進すべきです。早くに対策をとっていたらこれまでの数多くの事故はなかったでしょう。数多くの方が死なずにすんでいたでしょう。・・・残念・・まだまだ市民権が得られないようですね。
私は左足ブレーキにできない家族に我が家の車を運転させる気は起こりません。また左ブレーキのできない人の車に同乗したくありません。
かたくなに拒否される方に進言します。左足ブレーキの最大のメリットは・・・
 いざという時のブレーキ操作のタイムロスが0なことです。もちろん危険認知から操作開始までの脳を伝わる時間は別ですけれど・・・
店先に突っ込んだ、小学生の列を跳ねのけた、高い駐車場ビルの上から壁を破って落ちたなど、早く事故が0になるように警察は考えるべきです。怠惰すぎます。
それから左足ブレーキに慣れてもマニュアル車に乗る時は自然と足が動くものですので、ご安心を。
免許取得以来23年間AT車で左足ブレーキです。ほとんどの場合、両足ともカカトを床に付けたまま、それを基点に両足を左右にパタパタさせて操作しています。太ももがシートから浮くことはありません。左足でブレーキを掛けるときは、右足はアクセルの右側に傾けて車体内側を踏み、右足でアクセルを踏むとき、左足はブレーキの左側にあります。たとえパニックになって両足をつっぱったとしても、右足はアクセルペダルの右側に外れて車体内側を踏んでいることでしょう。左足ブレーキに反対している人は、実際には経験がないか、あるいは短期間だけ試してみただけでではないでしょうか?公的機関がきちんとテスト、評価するべきだと思います。23年JAFに加盟していますが、そのような実験、調査、アンケートすらJAFメイトに掲載されないのが不思議です。
人に勧めて事故られては困るので選んだ回答は3番だが、将来的に教習所やメーカーが意識改革して左足ブレーキを標準化すべきの4。
MTからATに乗り換えたので、左足を使わないと気持ちが悪いというのがあります。
周囲は「絶対止めたほうがいい」といっていますが、右足でどっちもするほうが、かえって危ないんじゃないかと思います。
私は運転中、横の路地(反対車線)からいきなり突っ込まれたとき、左で踏んでました。
咄嗟の判断でも、慣れていればそれくらいはできますよ。
そもそも脳から遠く、判断から動作までの時間が手などに比べて遅い足先でアクセルとブレーキと言う相反する操作を行わせる自動車の構造自体が人間工学的におかしいと思う訳です。
運転が上手な人はそんなの不要だと思うでしょうが、人間はミスをしてしまう生き物なので、とっさの行動が生死に関わることの多い自動車にはフェイルセーフの考え方を取り入れた操作系がもっと導入されることが大切だと思います。
私は左足ブレーキを実践していますが、自動車の中には左足ブレーキがしづらいものもありますから、そう言う場合は他人にお勧めできないものの、何か改善する方法はないかと思う訳です。
すべては安全のために。
私は右足操作で事故を起こしました。状況は0.3秒以内に踏み込んでいたアクセルから足を外してブレーキを踏み切るということを実現しないと移動距離的に回避できないものでした。実際には右足の横移動距離が足りず、ブレーキから右足が外れてアクセルを踏んでしまったのです。今思い出しても咄嗟にその短時間で操作を行うことが出きる気はしません。以来、完全に右足と左足を分業させました。最初は戸惑いましたが、今は大分馴れました。魔の0.3秒という状況は幸いまだ遭遇してませんが、絶対的に足の移動量が違うので、妻も含め動きの切替と距離短縮化がはっきりと向上してます。アメリカでは左足と決められているとも聞きます。ほとんどATしかない日本こそ、しかも頻繁に操作が求められる道路事情も考えて標準化されるべきです。教習指導者はパニックでは両足をつっぱるという主張ですが、永年左足ブレーキをしている人はそうならないとも聞いてますし、最初にMTでの操作を刷り込まれるからではないかと思います。それに、制御を変えて同時にアクセルが急激に踏まれたら加速しないとすることは何ら難しくないはずです。私の車の場合、左足も踵をつけてブレーキに乗せたぐらいではブレーキは入らないので足の不安定の問題もありません。両足あるのであれば、何も片方に何から何までさせる必要はないです。